ほはばブログ

整理収納アドバイザー1級講師&茨城県筑西市で家の片付けを生業にしています。

この秋、感動で涙したいならこの本を!

今週のお題「読書の秋」

 

人には買い物の傾向ってあると思う。

私の場合は洋服→メルカリでオッケー

化粧品→ドラッグストアや通販で。しかも休みの日はすっぴん&マスク(恥)

 

でも本はしっかり買う。読むのも好きだが買うのはもっと好き!

以前、お笑い芸人の光浦靖子さんが、「本屋では買い物カゴいっぱい買う」と言ってて。たっぷり稼げるようになったら紀伊国屋とかでわたしもやってみたい!と思うのだけど、そもそも近所に紀伊国屋ないし!!

 

ってなわけで、読みたい本を2、3冊ちまちま買ってます。だいたい月に10冊くらいかな。

(夏前に買った本。左2冊は読んだけど、まだ「僕の違和感」は読んでない。片付けの仕事してるのに積ん読状態(-。-;)

 

f:id:hohabaibaraki:20181118085132j:image

 

仕事に関係する本も読むけど小説も好き!

この写真の真ん中の本「ワンダー」は、今年映画にもなったから、知ってる人も多いのでは。さんざん読んだから手放したいけど、厚すぎてメルカリ便で売れない。冬休みに姪っ子にあげる予定です。

http://wonder-movie.jp

 

顔に障害をもつ子供とその家族、クラスメイト、周りの人の目線から書かれている。

オギーの周りは時にあたたかく、時に残酷。

それぞれのエピソードにすごく共感できて泣けます。

 

我が家には見た目健常の(若干ムサ苦しい)軽度知的障害のある20歳の息子がいます。彼を理解してくれる人、優しい言葉をかけてくれる人、あえて厳しく接してくれる人、理不尽にいじめた人(中学時代のヤンキー!今でも許せん)とそれを黙認した中学時代の先生(ヤンキー以上に許せん!私はねちっこい女なのです)など、いろんな人と関わってきました。

「障害」というフィルターがあるからその人の本質が見えるというメリットがあるのです。

 

 

2歳違いの娘(息子の妹)に「将来結婚する時『あなたのお兄さんに障害があるので結婚できません』って言われたらどうする?」と聞いたことがあった。

冗談っぽく。でもちょっと本心が知りたくて。

 

娘は呆れた顔して、

 

「私がそんな人選ぶと思う?でも私はあいつ(兄のこと)は好きではない。それは障害があるからではなく、『男臭い』んだよ!うちの学校の先生とかクラスメイトの男子はいいにおいするよ!」

 

家族だからこそ、そんなピントのズレた価値観もアリなのだよね。(その後、わたしが息子への風呂の入り方指導や8×4購入に力を入れたのは言うまでもありません)。

 

この本の主人公オギーの素敵さはユーモアがあって明るいこと。

これって、生きていく上で一番大事なんじゃないかな。

人の悩みのほとんどは人間関係にあるとアドラー博士は言ってますが、よくよく考えるとほんとそう!

誰とでも笑顔で楽しく接することができたなら、たいがい人間関係はうまくいく。

うちの姪っ子ちゃんも小学校高学年。かなりの読書家なので、冬休みにあった時読んでもらえたら嬉しいなー。小学生と46歳11ヶ月のおばちゃんとの読書家トークが楽しみです(^-^)

 

家庭内やオフィスの整理収納作業とセミナー依頼はこちらへどうぞ、

↓ほはばホームページ↓

https://www.ho-ha-ba.com

忙しいときこそ、体調管理!(藝文学苑様、新荘市民センター女性学級様セミナーまとめ)

 お友達からいただいた、いちじくのコンポート。

淡く優しい桃色に朝から癒されます。

f:id:hohabaibaraki:20181112110427j:image

年末にかけて、セミナーとお片づけ作業のご依頼を多数いただいています。

ありがたい。

体に良いものを食べて、夜はしっかりぐっすり寝る。

年末まで、自己管理をしてがんばります。

 

 昨日と一昨日と水戸での講座のご依頼をいただきました。

どちらもキッチンの講座ですが内容は違います。

 

藝文学苑さんは3回連続講座の2回目「もしも」に備える整理収納というテーマで、防災備蓄についてのお話をしました。

夏からポリCOOKの森下先生の下で普段のストック食材をいざというときの非常食にする勉強をしています。

www.poly-cook.com

茨城は米どころですから、「サト○のごはん」のようなものを備蓄するのに抵抗がある方も多いと思います(実際うちも田んぼをもっているので、米は足りているのです)。

高密度ポリエチレンという材質の袋を使ってごはんを炊くことができます。

来年度も藝文学苑様から講座のご依頼をいただいているので、来年度はより深く、簡単にできる方法なども講座に盛り込みます。

どうぞ、お楽しみに。

 

そして今日は水戸市新荘市民センター様の女性学級の皆様とのキッチンの整理収納講座。スタートが午後1時半ということでちょうど眠たい時間・・・にも関わらず、みなさん笑顔で聴いてくださいました。

ここでは年末にすべきキッチンの整理と収納についてのお話がメイン。

キッチンが片付いていると(特に年末)いいこと3つ

 

1.掃除がしやすい

2.在庫品のチェックをすると無駄な出費がなくなる

3.お客様を安心して呼べる

 

キッチンはそれほど広いスペースではないお宅がほとんどだと思います。

にもかかわらず、こまごましたものや同じものが複数あったりなにかとごちゃつきがち。

「今日は冷蔵庫」、「今日は吊り戸棚」など計画的に一度中に入っているもの出してものの整理をしましょう。

こまごましたものは、自分が見つけやすいグループを作ってまとめておく。

かごなどを使えば普段の拭き掃除もかごを出してすぐできるので便利ですよ。

 

講座・整理収納作業のお申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

 

私の定義する「茨城のヤンキー」

 

 

超偏見!!と罵られてもいい。

あえて言わせて。

 

「私はヤンキーが嫌いだ!」

j-town.net

 

講座のネタにもしている茨城ヤンキー。

でも茨城県民が全員ヤンキーってわけじゃないのよ。

私が思うヤンキーの基準は、見た目ではない。

「人との距離感がわからない人」

「モラルのない人、著しく低い人」

男性に限らず、女性も、年配の方も含めて。

 

わざとなのか、本当にわからないのか。

例えば子供たちが小学校や中学校の時。

先生に友達のように馴れ馴れしく話していたお母さん方、見ているのが嫌だった。

「親しき中にも礼儀ありじゃないの!?」

 

でも思っていても言わなかった。言えなかった(本当にお友達かもしれないしね)。

 

今日、コンビニで子どもと一緒にレジを待っていたら、

「あ、俺、このタバコ!」とレジカウンターを通り抜けて中に入っていった男がいた。

そのコンビニは希望の商品を番号で伝えて買うシステム(私が知る限り、このシステムは広く普及していると思われる)であるにもかかわらず。

 

レジのあるカウンターの中へずかずかと。

 

奥さん?彼女が、「やめなよー」と言ったけど、聞く耳持たず。

店員さんを待ってられないのか。数十秒のハナシじゃないか!

 

ヤンキーカップルが出て行ったあと、娘と私は「だから『茨城はヤンキー』って言われちゃうのよね」、「そんなにタバコが我慢できなかったのか!?動物か??」とクスクス。

それをお店の人に聞かれてしまったらしく、「いやなところをお見せしてしまって申し訳ありません。本当なら注意すべきなのですが・・・怖くて」。

 

ごめんなさい、お店の人。あなたのことを言ったのではないよ。

あなたは悪くないよ。怖いよ、だってヤンキーだもん。

ほんと、私たちのせいで謝らないで。

「お気の毒です。がんばってくださいね」とだけ言って店を後にしました。

 

親しき中にも礼儀あり

親しくなくても礼儀あり

 

私のところにも時々、ちょっと顔見知りレベルや「はじめまして」状態の方からやたら馴れ馴れしいメールが届く。こちらの予定などお構いなしにぐいぐい来られると、引きます。

メールやメッセンジャーは顔や声がない分、特に特に気をつけているから余計にそう感じるのかも知れません。

正直、返答に困ります。もっと正直言うと、「ヤンキーはご遠慮ください」と返信したくなることも年に一度くらいはあるのです。

 

けれどたいがいは「ヤンキーだからしゃーねーな」で受け流すようにしています。

茨城の人間はヤンキーも多いが、細かいことにこだわらない人も多いのです。

(そして短気な人も相当数いると思われます。私を含め)。

私も別な場面で失礼なことをしている可能性があるので、なるべく寛容でありたいと心がけています。が、相手の対応に戸惑ってしまう時もあるのですよ。

 

そう考えると、お仕事くださっている企業様、団体様の対応は本当に神!

こんな一人事業主の私にも丁寧に対応していただいております。神対応から学ぶことも多いです。

こっそりマネしてます。

気持ちの良いコミュニケーションを心がけてあと2ヶ月弱の2018年を過ごしていこうと改めて思いました。

 

なんか、イヤな感じで終わっちゃったので、茨城の秋の画像を。 

f:id:hohabaibaraki:20181104111252j:image

 東大通り(筑波大学周辺)の並木道。

 

もうすぐ赤だけでなく目にもまぶしい黄色の季節がやってきて、

つくばマラソンがはじまります(私は出場しませんが(^_^;))。

  

 

講座・整理収納作業のお申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

 

 

 

 

 

 

働く女性として、娘と向かい合った話。

娘との短い会話。

「友達から『お母さん、沖縄行ってたでしょ』って言われた。どうして知ってるのか聞いたら『お母さんのブログ読んでるよー』だって」

 

その時の記事はこちら↓

hohabaibaraki.hatenablog.com

 

 

hohabaibaraki.hatenablog.com

 

以前ならこんな時、嫌そうな顔をするか、そもそもそんな話しないのだけど。

なんだかちょっと楽しそう(しかし私には恥ずかしすぎる出来事!!あまりにも恥ずかしすぎる!)

 

 

今まで仕事のことは私もあまり話さないし、娘もイベントセミナーのチラシなどを見て見ぬふりをしてきました。講師業や、よそ様のお宅にお邪魔し収納のアドバイスなんて偉そうな仕事をしていることを心の中ではあまりよく思っていなかったようにみえたから。

  

 

娘は今、高校3年生。受験生です。

大人になることがずっとずっと先の未来ではなく、自分の手の届くわりと近い未来だということに否が応でも向き合わなければならない時期にさしかかってきました。

 

少し前、こんなことがありました。

学校でプレゼンテーションの授業があり、パワポ作成や伝え方に困っていた時、何か参考になるかなと思い、自分が当時研究発表の準備をしていたので、聞いてもらったことがあります。

 

「すごい。大人ってそんなふうにプレゼンするんだ」

誰にほめられるよりもじーんときた一言です。

 

 

そうなのです。

娘よ。お母さんはこんなふうに仕事をしています。

働くことで、社会に貢献できる大人になるのです。おまけに自分が望めば何歳でも成長していけるのです。

大人になってからの勉強は、あなたが今やっている勉強よりも数倍楽しくて、刺激的です。

そこにたどり着くために今は受験に向うのです。

 

そして働いていただいたお金は、あなたをより「ありたい自分」に連れて行ってくれるのです。大人って楽しいよ!

その一歩手前。満開の桜が咲くように家族全員で応援している毎日です。

  

 

娘に「ホームページ見てるよ」と言ってくれたSちゃん、ありがとう!

働く母として、とても勇気がでました。

ついでにお願いですが、インテリア産業協会の記事を最後まで読んで、星を5こつけて送信してくださるとありがたいです(しつこい?)。

こちらをクリックするだけなので勉強の合間にでもよろしくねー!

www.interior.or.jp

 

【収納セミナーのお知らせ】

11月2日、羽生イオン(埼玉)にて、年末掃除がラクになるお片づけ講座あります!

午前・午後 2回あります。来てくださった方には年末の片づけを計画できる段取りノートをプレゼントします(使い方もレクチャーしますよ)。

 

講座・整理収納作業のお申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

 

 

講座って講師だけがつくるものじゃない!ってしみじみ思った日。

10月24日に水戸市で整理収納アドバイザー2級認定講座を開催しました。

当初、受講生が集まらず(…なんて他の講師は書かないと思うけど、ほんとのことだから見栄張らずに書いちゃう!)、どうしましょと思っていたところ、よみうりタウンニュースというフリーペーパーの取材があり、編集長さんが講座の告知もしてくださったのです。

その記事を見た方からの問い合わせがあり無事開催できました。

10月18日号です。玄関整理の特集で我が家の下駄箱の中の画像つきです。

O編集長、素晴らしい紙面にしてくださりありがとうございました。

f:id:hohabaibaraki:20181028103036j:image

 

で、ですよ。

このフリーペーパーが出たのが18日。講座は24日。

つまり6日しか告知期間がなかったわけです。

おそるべし、よみうりタウンニュース!

(県西地区に配布がないのが残念です)。

 

今回思ったこと。段取りよく準備することも、ギリギリでも流れに乗ることもどちらも大切。

私は日頃から、段取りなどを大切にしています。

それは自分が段取りできている、という意味ではなく段取りを考えた行動をすると、自分に余裕ができるということを知っているから

「どうすれば自分がラクに暮らせるかな?」と常に考えています。

自分のやり方がしっくりくればそれを繰り返していきます。

 

しかし、「いきなり」とか「ぎりぎり」という情報をキャッチするフレキシブルな対応も時には必要です。既存のやり方にとらわれすぎたらもったいない。

 

ちなみに今回一番最後にお申し込みをいただいたのは、前日の夜でした。

何度も電話くださったのに私が出られなくてその時間になってしまいました。

(サービス業としてそれはNGですよね。本当に申しわけありませんでした)。

 

「ギリギリで間に合いますか?」

「はい、お待ちしています」

 

やろう!と思ったときにギリギリでも締め切り前なら飛び込んでみる。

私自身がそうでしたから、とてもうれしかったです。

終始ニコニコしながら受講してくださっているのを拝見して、

今回の講座は、O編集長と受講生が作ってくれた講座なのだと思いました。

 

講座・整理収納作業のお申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

沖縄の輝きや明るさについて思ったこと。

先月の沖縄出張では、ちょっぴり観光も。

アドバイザー仲間の佐久川光江さん(さくちゃん)と一緒に定期観光バスに乗り糸満方面まで足を伸ばしました。

hohabaibaraki.hatenablog.com

 ニライカナイ橋から見る風景が絶景で、何枚も写真を撮ったのですがうまく取れていないので観光サイトリンクします。

ニライカナイ橋|本島南部の絶景スポット

 

 

f:id:hohabaibaraki:20180930215333j:image

 沖縄平和祈念公園から見る景色

 

f:id:hohabaibaraki:20180930215355j:image

平和の礎から見た、沖縄の青い海と空。

平和の礎には沖縄戦でなくなった方(県外の方も含む)が刻まれています。

 

今回感じたのは、沖縄の人は他の地域の人よりも自分たちの家族や友達などをとても大切にしているということ(あくまでも個人的な感想です)。

休日に公園で家族親戚あつまって一日中バーベキューしながら飲んでるとか、墓(関東のお墓に比べて広いし家みたいな雰囲気)でお彼岸にピクニックをするなどの話を聴き「ありえないわー!!」の連発でした。

この陽気さはなんなんだ!?と思っていました。

 

 

バスの中でバスガイドさんがこんなことを話してくれました。

「戦後、沖縄の人の生き残った人は、家族や親戚、友達が死んで悲しいけれど自分の命はある。がんばっていきよう、明るく未来を生きようという気持ちがある。だから『ハイサイおじさん』のような陽気な歌がうまれたんですよ」。

 

辛いときこそ笑顔で、なんてレベルじゃないむごいことがこの沖縄で実際にあったという事にどうしようもない悲しみをおぼえずにはいられませんでした。

 

「明るい人って、さまざまな悲しみや苦労を乗り越えているから輝いて見える」

これってまるで沖縄のことをいっているみたい。

私たちが観光する沖縄は、太陽がキラキラしていて食べ物が美味しくて、青が輝いている海が美しい場所。

しかし過去も未来もそして今現在も背負うものが大きすぎて多すぎる場所なのです。

 

 

さくちゃんが、「この時期こんなに連続で天気がいいのは珍しいよ。ラッキーだったね!」と行っていました。

私にとっての今年最後(平成最後?)の夏の日差しを浴びて、青い空と海を仰いで、沖縄について考えさせられた今回の出張でした。

 

佐久川光江さんのホームページ

オフィスサクガワ 佐久川光江 整理収納アドバイザー2級認定講座 片付けセミナー パステルアート

 

 

一日で資格が取れます!

★10月24日(水)9:30~16:30

水戸市笠原町 シェアオフィスSSS「整理収納アドバイザー2級認定講座」

受験資格は問いません。50号沿い無料駐車場あり。

講座の内容は

整理収納AD2級 | ハウスキーピング協会

お申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

 

★10月23日(火)9:30~16:30

筑西市ほはばセミナールーム「2級認定講座開催」

受講資格は問いません。少人数の楽しい講座です。片づけ上手になりたい人お待ちしております。

講座の内容は

整理収納AD2級 | ハウスキーピング協会

お申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

 

★10月28日(日)10:30~13:30

筑西市ほはばセミナールーム「地域貢献型の講師になろう」

様々な得意分野をお持ちのみなさん!地域の「学びたい」人に向けて発信していきませんか?講座の作り方、緊張しない方法など学びましょう。

お申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

 

 

 

 

 

 

 

沖縄の整理収納アドバイザーも、「伝えたい」という学びの精神はおんなじでした。

先月のおはなし。

 

整理収納アカデミアという研究会に所属していた時のメンバー、佐久川光江さん(さくちゃん)から「沖縄のアドバイザーにスキルアップの講座に来ない?」と誘われたのが今年3月。

 

9月半ばに行ってきました、沖縄。6年前の家族旅行以来です。

偶然にも、安室奈美恵のコンサートの日でした。

 

 

f:id:hohabaibaraki:20180930223953j:plain

空港にはこんな感じ。

 町にはビル一面のポスターとかラッピングバスとか。

本当に沖縄の人の誇りだったのですね。

 

3泊したのですが一般の方への整理収納セミナーとアドバイザー向けのセミナー作りの講座、そして勉強会と、けっこうなボリュームで働きました。

f:id:hohabaibaraki:20180930224202j:plain

矯正してから顔がこけてきた。 

f:id:hohabaibaraki:20180930224241j:plain

沖縄整理収納アドバイザーの皆さんと記念撮影

 

茨城から遠く離れた沖縄にも私と同じように、整理収納で暮らしを変える仕事に使命感を持っているアドバイザーがいることがとっても嬉しかったです。

 

この仕事のよさは「今まで生きてきたすべてのことがキャリアになる」ということだと思っています。まだまだビジネスとして確立していくのは大変、という言葉を聞き、私たちのような業種、そして働き方が一般的になれば女性だけでなく、すべての人がもっと伸びやかに自分の力で生きていけると思うのです(精神的にも、経済的にも)。

 

これからの未来、今まであった仕事がなくなっていくという記事がありました。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/5)

 

 これらの業種がなくなるのではなく今までのような切り口ややり方だとなくなると私は捉えています。人にしかできないこと、人間にしか思いつかない仕事は形を変えて残っていくと考えています。

 

ほはばの講座はこちらから。

10月は水戸と筑西で整理収納アドバイザー2級認定講座開講します。

 

 

 一日で資格が取れます!

★10月24日(水)9:30~16:30

水戸市笠原町 シェアオフィスSSS「整理収納アドバイザー2級認定講座」

受験資格は問いません。50号沿い無料駐車場あり。

講座の内容は

整理収納AD2級 | ハウスキーピング協会

お申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

 

★10月23日(火)9:30~16:30

筑西市ほはばセミナールーム「2級認定講座開催」

受講資格は問いません。少人数の楽しい講座です。片づけ上手になりたい人お待ちしております。

講座の内容は

整理収納AD2級 | ハウスキーピング協会

お申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代

 

★10月28日(日)10:30~13:30

筑西市ほはばセミナールーム「地域貢献型の講師になろう」

様々な得意分野をお持ちのみなさん!地域の「学びたい」人に向けて発信していきませんか?講座の作り方、緊張しない方法など学びましょう。

お申し込みはこちらから

整理収納 問合せ - セミナー講師 塚本英代